2013年01月06日

腰や尻が痛む「神経障害性疼痛」 治療法が進歩 医療機関が充実、遺伝子解析に脚光

 神経系の障害や機能異常などによって起きる神経障害性疼痛(とうつう)。生活の質(QOL)を大きく低下させるが、従来は診察を受けても「しばらく様子を見ましょう」で終わるケースも多かった。最近、痛み関連の遺伝子が分かってきたほか、痛みを扱う医療センターの充実、新しい薬の登場などもあり、より正確で効果的な診断・治療が可能になってきた。

きらきら−5kg ダイエットキャンペーンきらきら
posted by きりん接骨院 at 20:17| 大阪 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

ピロリ菌から胃がん発症の仕組み解明

 胃がんの原因の一つとされるピロリ菌は、がんのもとになる性質を持つ「がん幹細胞」に働き掛けて胃がんを発症させることを、慶応大医学部の鈴木秀和准教授らの研究チームが突き止めた。ピロリ菌による胃がん発症の仕組みの一端を解明する成果で、新たな予防法や治療法の開発につながる可能性がある。13日付の米医学誌に掲載された。

きらきら−5kg ダイエットキャンペーンきらきら
posted by きりん接骨院 at 10:12| 大阪 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

山中さん記念講演「iPSで患者さん助けたい」

 【ストックホルム=三井誠、今津博文】10日のノーベル賞の授賞式に先立ち、日本人として25年ぶりにノーベル生理学・医学賞を受賞する山中伸弥京都大学教授(50)は7日午後(日本時間7日深夜)、カロリンスカ研究所で恒例の受賞記念講演を行った。

 共同受賞する英国のジョン・ガードン博士(79)の次に登壇した山中さんは、授賞理由となった「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」の作製にたどり着くまでの研究の足取りや、iPS細胞が持つ可能性を紹介。講演の終盤には、「iPS細胞は、創薬や再生医療の可能性を持つ。残りの人生をかけて、私は、iPS細胞を使って病気に苦しむ患者さんを助けたい」と熱く語った。

きらきら−5kg ダイエットキャンペーンきらきら
posted by きりん接骨院 at 21:53| 大阪 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。